グラバー

こちらは Gibson GrabberIII 1976年です。
ギブソンらしからぬ面白い仕様のベースです。

画像















この 「グラバー」 というモデルはあまり知られていませんが、
「リッパー」 の弟みたいな存在で、ボディはリッパーと同じシェイプをしています。

 なるほど!リッパーの弟ね!

ってリッパーも知られていなかった・・・。

こちらはアリア・プロ II の LB-650 ですが、
まさにリッパーの完コピです。

http://www.lightnin.jp/AriaProII.LB650.N.70s.html



グラバーがリッパーの弟だと言うのは、以下の点から。

ギブソンなのにボルト・オン仕様で、ネックとボディが外せます。
ピックアップはストラトのようにピックガードに吊り下げているスタイル。

ギブソンでありながらフェンダーの血が色濃く・・・。
あえてパクったとは言うまい。(言ってるし。)

リッパーはセットネックだし、フェンダーの要素はみられません。


グラバーは 通称 「G1」 と呼ばれるものと、「G3」 の2種類があります。

グラバーIII と言うからに I とII、III と3種類いそうなのですが、
Grabber II というのはいないのです。

今回の Grabber III は、3シングルコイルのモデルですが、
これ、ただのシングルコイルの音ではなくて、
シリーズ接続(直列)によって2つのシングコイルの組み合わせで
ハムバッカーになっています。

なかなかの太い音圧を持ってます!


ちなみに Grabber I はまた面白いモデルで、
ピックアップの位置をスライドさせて移動できる変テコなモデルでした。

でもルイス・ジョンソンとか、スージー・クワトロとか、
キッスのジーン・シモンズとかも愛用していたようです。

1975年当時にグラバーの値段が$319(ナチュラル)。
ワインレッドが$369でした。
リッパーが$449で、EB-3 が$499。

同時期のフェンダーのプレベやTLベースが$325ぐらいだったそうですから、
フェンダーに合わせて安いバージョンを作ったのかもしれませんね。

グラバーは実際よく売れたそうです。

9/7 Gibson Grabber III 1976年 デビューしました!




お盆が明けて、涼しくなったこともあって仕事モードの
モチベーションもけっこう上っています!

盆明け以降、着手し、近日デビュー予定のギターを紹介します。

まずは、ワインレッドの79年レス・ポール・カスタム。

画像















キルト・メイプルが美しいオベーションのセレブリティ。

画像















ご存知、マーティンのバッグパッカー!

画像















まだまだネタをこしらえ中・・・!





おまけにライブ情報。

 8/28(日)19:30~ 京都山科 「58

 東日本大震災復興チャリティーライブ

 久しぶりに 「もりくり」 で登場します!

 森久杜志(Vo.Harp) 栗田寛人(G) 


ぜひ、遊びにおいで下さい!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのトラックバック