定休日の過ごし方

こちらは Epiphone Japan LPS-80 1996年です。
ただいま作業中です。

画像
















ギブソンに買収されたことからどうも格下扱いのエピフォン。
しかしエピフォンにも永い永い歴史を継承してきたプライドがある。

ということで残され続けた 「エピフォン・ヘッド」。

シェラトンやエンペラー、カジノのようなアーチトップ・ギターは
やはりエピフォン・ヘッドでないといけませんが、
レス・ポールではなぁ・・・・。

とおっしゃる方には この 「エピフォン・ジャパン」。

エピフォン・ジャパンにラインナップされていたモデルは
ちゃんとギブソン・ヘッドになっていますよ。

ごていねいにロッドカバーにまで 「GIBSON」 と書いてあります。


初めてギターを始めるAさんからの質問。

Q 素人でよく分かりません。これはギブソンなの?エピフォンなの?

A これはギブソンとエピフォンのむにゃむにゃむにゃ・・・・。

 ハッキリ言わんかい!

と言いたくなるいような仕様ですが、
やっぱりレス・ポールはこのヘッドでないと!

でも逆にカジノがこのギブソン・ヘッドだったら・・・
ガッカリだろうなぁ・・・。


Epiphone LPS-80 ただいま作業中です。


10/20 Epiphone Japan LPS-80 2006年 デビューしました!






昨日は水曜日でライトニンは定休日でした。

いつも定休日と言っても大抵は中でゴソゴソ仕事していますので
私はあまり変わらないのですが、
昨日は娘(4)の幼稚園のお友達がお昼に遊びに来てくれたので、
とてもにぎやかでした。

上の娘(9)がいたら一緒に遊んでやるところですが、
まだ学校から帰って来ないし、帰って来ても友達のところへ行くと言ってたし。

ギター親父があんまり邪魔しても何だしな・・・。
何か集中してギターを触る気もしません。

何か面白いとこでもないかな・・・
と思いながら新聞を読んでいると 「映画の上映案内」 が目に止まりました。

映画か・・・!映画なんて永いことゆっくり観に行ってへんな。
今は何がやっているのやろ。

猿の惑星、モテキ、ワイルド・スピード、くまのプーさん・・・
本日レディース・デー。

でも時間も中途半端やしな・・・。
レディーじゃないしな・・・。


すぐ近くの二条駅のところの映画館の情報を見ると

「14:45 コクリコ坂から」

ん・・・?これはちょっと前に宣伝してたジブリ映画やな。
今は1日に1回だけ上映してるのか。

時計を見ると14時25分。あと20分で始まる・・・。

何か急にその気になってきて、一人ママチャリでふらりと。


初めて入る二条駅の映画館。
なかなか今風のおしゃれな感じで、若者がたくさんいました。

=チケット売り場=

おねえさん 「次の方どうぞ~。」

私 「コクリコ坂から を大人1人です。」

おねえさん 「どのお席にされますか?」

私 「へっ!えっとぉ・・・・。」


何だ・・・。この空気は何か妙に恥ずかしいぞ・・・。

「 このオッサン一人で平日の昼間っからジブリを観に来たんか。
 ふらふらしやがって、ちゃんと仕事しとるんかいな・・・。」

おねえさんはきっとこう思っているに違いないぞ!

と、勝手に被害妄想にかられながら、

「じゃ、じゃあ、この辺で・・・。」 席を選びました。

「ごゆっくりお楽しみください~。」

おねえさんのお仕事の笑顔に見送られながらスクリーンのある部屋に
入っていくと何かちょっと高級な感じの部屋でした。

この作品だけいい席で上映するようで、
やけにふかふかのソファーみたいなイスで、
前にはテーブルも付いていました。

これは何か贅沢な感じ!いい感じ!
何か休日を満喫しているような気も急にしてきました。

周りを見るとけっこうお客さんも入っています。
平日の昼間っから映画を観に来る人もけっこうおられるのですね。

そりゃ、そうやろう!
でないと映画館の売上も上ったりやがな。

と一人で納得していたら、すぐに暗くなってきて映画が始まりました。


「コクリコ坂から」 めちゃ、いい映画でした・・・・!

戦後の若者たちの人生を描いた青春ものでしたが、
とても心に響きました・・・。

また音楽がめちゃ私好みのジャズ・ブルース!


観に行って良かった・・・。






この記事へのトラックバック