無いなら作れば・・・!

こちらは出所不明の国産5弦ジャズ・ベースです。
2000年代に入ってから製作されたものと思われます。

画像















よし、新しいベースのセットアップに着手しよう。
そう言えば、こんなのが来ていたな・・・。

と引っ張り出してきた茶色い5弦のジャズ・ベース。

ヘッドストックには 

 「FOREST CUSTOM MADE」

と記されていますが、

手掛かりはそれのみ・・・。

使われているパーツから 「比較的古くない日本製」 と判断できますが、
それだけ。

ネック・ジョイント部のポケットにも情報は全く無し。
ピックアップやコントロール・キャビティにも何も記されていません。
シリアルナンバーなども無し。

どこかの小規模な工房で受注製作されたモデルなのか・・・。

しかし、使われている材やパーツを一つ一つ見てみると
どう見てもいわゆる 「パチもん」 とか 「まがいもの」 の類ではありません。

組み込みの仕上げや、塗装、電気系アッセンブリ、アース処理などなど
細部を見るほど

 めっちゃ、ちゃんとしている!


また、めっちゃ、ちゃんとしている楽器はしっかりとセットアップしてから
弾いてみると、弾き心地の良さで再確認できます。

こいつはタダモノでは無い。

一体、キミは何処で何時生まれたのか・・・?
キミは誰なのか・・・?

謎は深まるばかりですが、
製作者の魂はひしひしと伝わってくるゾ!


11/7 FOREST Custom Made 5-Strings Jazz Bass デビューしました!





並行して2本のギターの作業をしたい・・・けど、
作業台の定員は1本だけだし。

セットアップの作業中に単発の修理をしたいギターが来たときには
セットアップ中のギターには一時的に作業台から降りて頂いていたので
前々からずっともうひとつ作業台が欲しかったのです。

しかし、なかなかちょうど良い寸法の台が見つからず、
まあ、いいか・・・と過ぎてきたのですが、

 無いなら作ったらいいじゃないか!

と急に思い立ち、ホームセンターへ。

でも木材を売っているコーナーへ行ってみると
やっぱり予想通りでした。

こういったところで加工販売されている材は長さが
中サイズで 910mm(3尺)。大サイズで倍の1820mm(6尺)。

寸法が全て 「尺」 の単位で加工されているのです。

私が欲しい台の長さはどうしても1mです。
3尺ではあと9cm足りません。

くそぅ。倍の6尺を買って、大半の820mmを捨てるのもしゃくだ。
尺だけに・・・。


しかも杉材の板なんかあまり安くありません。
1枚が¥1500ぐらいするし、私が書いてきた図面では
板が最低6枚必要・・・ということは、それだけで1万円近くなる!

1万円も出せば市販の都合の良い作業台が買えそうな気もします。

しかし、ここまで来て諦めるのも自分に負けたようでイヤだ。

ホームセンターの木材コーナーにいると、
かつてうちの京町家を再生した日々を思い出してきました。

あの時はやり遂げることだけを考えていたし、
どんな局面でも 「諦める」 なんてことは無かったはずだ・・・。
何かいい方法は無いものか・・・・・・・・。


ふと、見ると、桐の 「タンス用すのこ」 が2枚入りで¥298で
山のように積まれて売っています。

サイズを見ると幅が330mm。
ということはコレを3枚並べたら990mm。 ほぼ、1mだ!

長さが800mmの「すのこ」を半分に切ったら、
2枚入り1セットの「すのこ」から33cm×40cmの板が4枚作れるぞ!


そこのホームセンターでは
材木を買うと勝手に作業をしても良い場所が設けてありました。
ジグソーやドリルの電動工具も使い放題です。

よっしゃ!
俄然やる気が出てきて、木ネジや金具なども買って製作に取り掛かりました。

私の他にも何やら作業をしておられる方が2人おられましたが、
私が桐すのこをバラバラにバラしていると
気になるようで不思議そうにチラチラ見ておられました。

ほらほら、何を作ってんのか気になるやろ・・・。
見とけよぉー。スゴいのを作ってびっくりさせてやるからな!

そんなことを思いながら夢中で作業をしていると、

タン ターンタンタン タン ターンタンタン♪(ホタルの光)
本日はご来店ありがとうございました・・・。

気がつけば閉店時間の夜8時。
他の2人も知らない間にいない・・・。

仕方ない。続きは家に持って帰ってからや。

作りかけの台をカートに乗せて駐車場へ。
すれ違った店員さんが思わず、デカっ!とつぶやいていました。


そんなこんなで改善の余地はあるものの
キャスターも付けて移動できる作業台が完成しました。

画像















ドえらい大変でしたが、
充実感と愛着だけは200%だ・・・!

この記事へのトラックバック