SG Standard

こちらは Gibson SG Standard です。
大きなピックガードの後期仕様のモデル。

画像















レス・ポールに比べるとどうも人気が今ひとつな

 SG。

しかしながら 「SG」 はレス・ポールの改良型として生まれた
言わば レス・ポール(改)です。

と言うのも SG のこの姿は1961年にデビューしたのですが、
当初はこの姿のまま名前は 「Les Paul」 だったのです。

レス・ポール自体、元々はギタリストのレス・ポール氏のシグネーチャー・モデル
として誕生したために名前がレス・ポールなのです。

言ってみれば、山田さんのシグネーチャー・モデル

 Yamada Standard

と言ってるのと同じですね。

1963年にレス・ポール氏との契約が終了したことでようやく名前が

 SG(Solid Guitar)

になりました。


このSGが生まれた背景には Fender が見え隠れします。

当時(60年代初め)にはフェンダーは既にストラトキャスターを出しています。

シンプルな設計だったテレキャスターを改良したストラトキャスターは
ハイ・ポジションまで楽々弾ける深いカッタウェイを持っています。

シングル・カッタウェイで重かったレス・ポールを売り出していたギブソンにとって
プレイアビリティの高いフェンダーのストラトキャスターは脅威だったことでしょう。

ギブソンはダブル・カッタウェイのモデルを作り出すことを迫られていた。
と言えます。

SGはレス・ポールの弱点をうまくカバーした素晴らしいモデルなのです。


 せやのに 今だにレス・ポールばっかり人気者で、
 どうせワシなんか誰も弾いてくれへんやんか・・・(SG談)


いやいや! そんなことはありません。
SG はその後ずっと現在に至るまで発売され続けているのですから、
ギブソンのソリッド・モデルの代表と言っても良いはずです。

SGでもまだレス・ポールと呼ばれていた最初期の1961年リイシュー・モデルは
特に人気があります。
ハムバッカ-の横にピックガードが付いている姿のモデルです。

この SG Standard は 1966年~71年に発売された
ピックアップ全体を覆う大きなピックガードを持つ仕様です。

思い出すのはやっぱり AC/DC のアンガス・ヤングさんですが、
この仕様の SG は何故かあんまり人気ありませんね・・・。


 ほら見てみぃ!やっぱりワシは嫌われとるんやないかい!(SG談)


いやいや!この SG Standard 。
ばっちりセットアップ仕上がりましたが、なかなか良い感じです。

やっぱり弾き心地が良いし、重さが軽いので全然疲れません。
それでいてサウンドの迫力はさすがのギブソンのソリッド!
何と言ってもデザインがかっこいいし、ルックス最高!


 そっ、そうかぁ・・・?ワシ、そんなかっこええかぁ・・・?
 何やそない褒められたら照れるやんかぁ・・・!(SG談)






こちらは前回に引き続き登場のアリアの前身。
マツモクさんで生まれたアライ・ダイアモンドの 「1202T」。

画像










 




こちらは1968年(昭和43年)のカタログに載っています。
当時の値段は¥23,500。

なかなかの高級ギターです!

カラー・バリエーションは以下の3種類。

 ジェット・ブラック
 ダーク・グリーン
 ダーク・レッド

まるで秘密戦隊のようにかっこいい3人組みトリオ!

今回のモデルは 「あなたの心を癒す!」 がキャッチ・フレーズの?

 ダーク・グリーン。

今ではなかなか見ない緑色のギターです。


そう言えば昔 私が小学生だった頃、近所のお金持ちの家のガレージに
これと同じような緑色をしたポルシェがいつも停めてありました。
それはまさに 「アマガエル」 そっくりでした。(全然関係無い話だった。)

GS(グループ・サウンズ)時代には必須だった大型トレモロ・ユニットを装備。
ブリッジもそれに伴ってローラー式。


まさにボロボロのガラクタとなって永いこと放置してあったのですが、
心優しいお方が目をつけて下さいました。

その心にお応えするのが私の仕事。
3日がかりでフル・レストアして生まれ変わったようにピカピカになりました!

まあ、お世辞にも一般的には弾きやすくて良い音のギターとは言えませんが、
私のような古いブルースが好物の人間には何ともたまらないワクワク感が!

この時代のこのギターにしか出せない音。

こういう個性のキツいやつ。
好きだなぁ・・・。






こちらは Aria Pro II ASB-60。
当時の発売価格が6万円にしてスルー・ネック構造!

画像
















ASB-60 は古い資料を探ってみると1989年のカタログに載っていました。

 従来、高価格のモデルにのみ採用されていたスルー・ネックを
 この価格で実現しました。
 しかも強固でかつ弦振動の伝達に優れた
 メイプル/ウォールナット 5ピースのスルー・ネックという
 他メーカーでは考えられない驚異のスペックです。
 蓄積したノウハウの全てを注ぎ込んで製作される ASB シリーズは
 より多くの人にスルー・ネックの特性の良さとアリアの楽器作りの
 コンセプトを理解してもらうための特別仕様の限定モデルです。

この楽器製作に懸ける意気込み!素晴らしい!の一言です。


前にうちにギターを習いに来てくれていた女子高生のOちゃんから
ずいぶん久しぶりに電話が。

 「今から友達連れて行っていいですか?」

仕事をしながら待っていると、友達と2人でやって来ました。

 「おお~っ!久しぶりやん!元気やった?」
 「元気です!進路も決まりました。」
 
Oちゃんがうちに初めて来たのはまだ15歳の高1だった時。

うちにトーカイのSGを買いに来てくれたのがきっかけで、
それから高校の軽音楽部の学園祭に出るために
「東京事変」 やら 「バンプ・オブ・チキン」 だったかな?
なんかを一緒に練習しました。

一度、トーカイのSGのネックがボディの付け根から思いっきり
折れてしまって半泣きで持って来た時も必死で慰めて
超格安で治してあげたこともありました。

それもつい最近のことのように思ってましたが・・・

もう春には高校を卒業して進学するとか。
よその子はホント成長が早く感じます。オジサンは。


今回急にやって来たのは何でも友達がベースをやりたい。
ということで連れて来てくれました。

高校では一緒にバンドをやって彼女はドラムをしてるそうだが、
卒業間近の今になってからベースにも挑戦してみたくなったようです。

まあ高校を卒業しても音楽はずっとやれるし、
それがある限り友達との縁もずっと続いていくはずですから大賛成。

そこでライトニンのベース置き場に未調整で眠っているものを探って
チョイスしたのが今回の ASB-60 です。

1週間ほど猶予をもらって、フル・レストア作業しました。

ミディアム・スケールのこのベース。
さすが上記のカタログの能書き通り! 機能面は抜群!

めちゃめちゃ弾きやすい~!


「仕上がったよ~。」 と電話すると 早速引き取りに来てくれました。

京都でもすごい遠い田舎から長時間かけてバスで通学していた彼女。
卒業したら大阪で1人暮らしするとか。

自立していく娘を見守る親御さんの気持ちを考えると・・・。
よそ様の娘だけど、やっぱりオジサンは心配だ~!






こちらは MOON EL-5-330T。
ベースで有名なムーンのフルアコです。

画像
















ムーンがフルアコを出していたなんて!

それ自体知らない方も多いと思います。

この 「EL-5-330T」 は まさしくギブソンで言うところの
「ES-350T」 とか 「Byrdland」 のデザイン。

先が尖っていないベネチアン・カッタウェイ・スタイルの
薄型シンライン・ボディのフルアコです。

ES-335 や ES-175 よりも一回り大きい17インチ幅ボディ。

さすがにすごい鳴り!


ピックアップはパッシブで黒いPUカバーの 「バルトリーニ」 をマウント。
そこはやっぱりムーンらしいですね。

これがまた超甘いハムバッカー・サウンド!

甘党でも大人向きの抹茶宇治白玉金時みたいな(?)
ジャジーなサウンドです。





こちらは Saga (Gitane) DG-200。
フランスのセルマー・マカフェリのジプシー・スウィング・ジャズのギター。

画像
















アメリカの Saga Musical Instruments 社が出している
セルマー&マカフェリのスタイルのギターです。

これは20年ほど前に出ていた日本製 Saga のモデルのようです。
高級モデルではありませんが、なかなかレアです。

1930年代のヨーロッパ・・・ フランスの香りがします・・・

ジャンゴ・ラインハルトのようなジプシー・スウィングが弾けたら・・・

セルマー&マカフェリについては以前詳しく書きました。
興味のある方はこちらをどうぞ。

http://kyoto-lightnin.at.webry.info/201112/article_2.html



これ 2本の指だけで弾いておられるのですよ。
信じられません!






ライブのお知らせ!

■12/22(土) Groovin Night !! 
Open 19:00 START 19:30 チャージ ¥1,500

Live Studio 58
京都市山科区 地下鉄東西線 東野駅西へ徒歩5分
新幹線高架下 (お肉のスーパーやまむらや向い)

出演

East Mt. Brothers
もくりふ



よろしくお願いします!


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのトラックバック