スーパー・グレードな夏休み

こちらはフェルナンデスの FST-120。 石ロゴ期 1978年製のスーパー・グレード! この類のギターは昔の国産の良さが理解できる方にしか 全く魅力を感じられないと思いますが、 その「分かる方」にとってはこれを一目見ればどれほど瞳が輝くことか! 今ではヨ…
トラックバック:0

続きを読むread more

ダブル・ネック

こちらは 1995年製、Orville の SGD-160。 6弦と12弦のダブル・ネック仕様。 この SG をダブル・ネックにしたスタイルを見て誰もが思い出すのが、  天国への階段 の ジミー・ペイジ。  ホテル・カリフォルニア の ドン・フェルダー。…
トラックバック:0

続きを読むread more

フレットレス

こちらは Ibanez MC-940 1985年です。 なかなか珍しいフレットレス仕様です。 「Ibanez」 と言えば80年代に一世を風靡した ハードロック・ブームを最も支えたブランドかもしれません。 ヘッドの先が尖がっていて トレモロをガンガン使っても…
トラックバック:0

続きを読むread more

ナット製作

こちらは Epiphone SUPER NOVA。 オアシスのノエル・ギャラガー・モデルです。 分かる方には分かりますが、 エピフォンのギターが日本のマツモク工業での製作になった 1970年代にはこれとよく似た 「Riviera」 が存在しました。 センタ…
トラックバック:0

続きを読むread more

このフェンダーが目に入らぬか~

こちらはフェンダー・ジャパンの57年ストラトキャスター。 フェンジャパがデビューした82年生まれ。 誰もが知っている日本製のフェンダー。   -Fender Japan このブランドがデビューしたのは1982年のことです。 息子がギターを始めたいっ…
トラックバック:0

続きを読むread more

カール・ヘフナー & スパイダース

こちらはグレコのバイオリンベース VB500。 スーパーリアル期の1980年製。 バイオリン・ベースで思い出されるのは ほぼ100%ビートルズのポール・マッカトニーですね。 バイオリン・ベースの元祖はドイツの楽器メーカー 「Karl Hofner (カー…
トラックバック:0

続きを読むread more

YAMAHA AE-1200

こちらは YAMAHA AE-1200 1983年。 17インチ・ボディの高級フルアコです。 ヤマハのギターと言えば、 ゆずで有名なアコースティック・ギターの 「FG」 や、 高中正義さんで有名なソリッド・ギターの 「SG」 が出てきますが、 セミアコやフルア…
トラックバック:0

続きを読むread more

Teisco Del Rey

こちらはテスコ・デル・レイの E-112N。 おそらく60年代の後期のものと思われます。 ビザール・ギターのブランドでは大変有名な 「テスコ」。 グヤトーンと並び、1960年代(昭和30年代)のGS全盛期には ずいぶん活躍したブランドです。 当時、楽器店に…
トラックバック:0

続きを読むread more

Gibson ES-330TD

こちらはギブソンの ES-330TD ! 1960年頃の素晴らしいヴィンテージ・ギターです。 「ES-330」 は ES-335 とルックスがよく似ていますので 弟的な存在として見られがちですが、実は完全ホロウ構造のフルアコです。 ですので確かに「ギブソン …
トラックバック:0

続きを読むread more

CBS期のジャズ・ベース

こちらは1975年製 Fender Jazz Bass です。 ブロック・ポジション・マークが特徴のCBS期モデル。 エレキ・ベースとして非常に完成度が高い 「ジャズ・ベース」。 今でもこのスタイルに勝るものは無いのではないか。 と私は思っていますが、 196…
トラックバック:0

続きを読むread more

地デジ

こちらはギルドの 「M-75 Bluesbird」。 1970年代に製作されたソリッド・ギターです。 ギルドと言えばアコースティック・ギターかフルアコ&セミアコのような Fホールを持つアーチトップ・ギターが有名ですが、 こういったソリッド・ギターもありました。 …
トラックバック:0

続きを読むread more

音のこだわり

こちらはスクワイヤーのミュージックマスター・ベース。 ショート・スケールのかわいいモデルです。 ストラトキャスターたちの弟分に当たるスチューデント・モデルの歴史の中でも ミュージックマスターはデュオソニックと並び古株です。 スチューデント・モデルにはムスタン…
トラックバック:0

続きを読むread more

Epiphone Riviera

こちらはエピフォンのセミアコ 「Riviera」。 ギブソン・メイドの1964年生まれ。 シンライン・ボディのセミアコである 「リヴィエラ」 は シェラトンやカジノなどと同じく エピフォン社がギブソン社に買収された後に誕生したモデルです。 買収される前のニ…
トラックバック:0

続きを読むread more

ビビリ&ツマリ

こちらはエピフォンの左利き用 シェラトン II 。 ビビリ&ツマリの修理でお預かりしました。 12フレットから上辺りのビビリが特に酷く、 チョーキングなどすると一発でツマってしまう状態でした。 しかし、これはそれほど珍しい現象ではありません。 どうでし…
トラックバック:0

続きを読むread more

帰って参りました。

1週間ほどゆっくりせざるを得なくなっておりましたが、 ようやく戻って参りました・・・!  ぎゅゅゅゅぅぅぅ~・・・・ というような例えようもない腹痛。 内臓をぞうきんのように絞られているような変な痛みで目覚める日が 2日ほどありました。 これはお腹をこわしている。 とかそういったレベルのものでないイヤな予感…
トラックバック:0

続きを読むread more

臭いおじさん

こちらは1980年製ギブソンの 「ES-175D」。 ギブソンのフルアコのスタンダード・モデルです。 「ES-175」 は1949年生まれ。 フルアコのスタンダード・モデルとして最も親しまれたジャズ・ギターです。 型番が 「ES=エレクトリック・スパニッシュ…
トラックバック:0

続きを読むread more