テーマ:国産

Greco GO900

こちらは Greco GO900 1978年です。 グレコのオリジナル・モデルのひとつです。 フェンダー&ギブソンのコピー・モデルの大競争時代だった70年代。 ジミー・ペイジやジェフ・ベック、エリック・クラプトンに憧れて レス・ポールやストラトの顔をしたギタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Greco L-100N

こちらは グレコの L-5CES モデル 「L-100N」 です。 ギブソンの L-5 よりずっとレアなモデルです。 ギブソンのジャズ・ギターの超大ボスは 「Super 400」 として、 しかし実質その世界を牛耳っているのは 「L-5」 でしょう。(意味不明) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Gibson Les Paul Standard

こちらは Gibson Les Paul Standard 。 ハニー・バースト・フィニッシュの1999年製です。 1959年当時のレス・ポールの姿を復刻した 現代のレス・ポール・スタンダード。 このモデルに強い憧れを持つ人は多いはずです。 この世に誕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Fresher FS-482

こちらは Fresher FS-482 1977年~79年頃。 ストラトのモデルながらスルーネック構造です。 みなさんは 「Fresher」 というブランドをご存知でしょうか? フレッシャーは文字通りフレッシュなギター・キッズを ターゲットにしたブランドで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギャバン

こちらは Gaban FLG。 レス・ポール・スタンダードのモデルです。 酔っ払っていると気がつかないぐらいG社とよく似ている  「ギャバン」。 中国製の偽ブランドに目くじらを立てる日本人も これを見たら苦笑いするしかないでしょう。 Gaban …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無いなら作れば・・・!

こちらは出所不明の国産5弦ジャズ・ベースです。 2000年代に入ってから製作されたものと思われます。 よし、新しいベースのセットアップに着手しよう。 そう言えば、こんなのが来ていたな・・・。 と引っ張り出してきた茶色い5弦のジャズ・ベース。 ヘッドスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定休日の過ごし方

こちらは Epiphone Japan LPS-80 1996年です。 ただいま作業中です。 ギブソンに買収されたことからどうも格下扱いのエピフォン。 しかしエピフォンにも永い永い歴史を継承してきたプライドがある。 ということで残され続けた 「エピフォン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネックの整形外科治療

こちらはグレコのバイオリンベース。 1974年頃の VB-360 です。 これはネックが根元からポッキリ折れているのではありません。 本家ドイツのヘフナーのバイオリンベースならあり得ませんが、 この70年代当時のグレコはまだボルト・オン仕様でした。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

興奮冷めやらず

こちらは77年頃のヤマハのストラト・モデル SR500。 この時代の国産は本当にバカにできません。 「ヤマハのギター」 と言えば、 アコギの 「FG」 かエレキの 「SG」 ぐらいしかメジャーではないのかもしれませんが、 ありました!   コピー・モデル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパー・グレードな夏休み

こちらはフェルナンデスの FST-120。 石ロゴ期 1978年製のスーパー・グレード! この類のギターは昔の国産の良さが理解できる方にしか 全く魅力を感じられないと思いますが、 その「分かる方」にとってはこれを一目見ればどれほど瞳が輝くことか! 今ではヨ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダブル・ネック

こちらは 1995年製、Orville の SGD-160。 6弦と12弦のダブル・ネック仕様。 この SG をダブル・ネックにしたスタイルを見て誰もが思い出すのが、  天国への階段 の ジミー・ペイジ。  ホテル・カリフォルニア の ドン・フェルダー。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フレットレス

こちらは Ibanez MC-940 1985年です。 なかなか珍しいフレットレス仕様です。 「Ibanez」 と言えば80年代に一世を風靡した ハードロック・ブームを最も支えたブランドかもしれません。 ヘッドの先が尖がっていて トレモロをガンガン使っても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このフェンダーが目に入らぬか~

こちらはフェンダー・ジャパンの57年ストラトキャスター。 フェンジャパがデビューした82年生まれ。 誰もが知っている日本製のフェンダー。   -Fender Japan このブランドがデビューしたのは1982年のことです。 息子がギターを始めたいっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カール・ヘフナー & スパイダース

こちらはグレコのバイオリンベース VB500。 スーパーリアル期の1980年製。 バイオリン・ベースで思い出されるのは ほぼ100%ビートルズのポール・マッカトニーですね。 バイオリン・ベースの元祖はドイツの楽器メーカー 「Karl Hofner (カー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YAMAHA AE-1200

こちらは YAMAHA AE-1200 1983年。 17インチ・ボディの高級フルアコです。 ヤマハのギターと言えば、 ゆずで有名なアコースティック・ギターの 「FG」 や、 高中正義さんで有名なソリッド・ギターの 「SG」 が出てきますが、 セミアコやフルア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Teisco Del Rey

こちらはテスコ・デル・レイの E-112N。 おそらく60年代の後期のものと思われます。 ビザール・ギターのブランドでは大変有名な 「テスコ」。 グヤトーンと並び、1960年代(昭和30年代)のGS全盛期には ずいぶん活躍したブランドです。 当時、楽器店に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

純正でディマジオ

こちらは Aria Pro II ES-800ST-D 1981年。 ディマジオ社製ピックアップを純正でマウントしたモデル。 70年代後期の国産ブランド大競争時代に 他ブランドよりも一歩先にコピー・モデルから脱却しようとしたアリア・プロII 。 1980年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハカランダ

こちらはチャキのフラットトップ。 おそらく70年代のW-75辺りでは。 サイド&バック。そして指板には 見事な杢目のハカランダ材が使われています。 「ハカランダ」ってよく耳にするけど、何だ? っていう方もおられるでしょう。 「ハカランダ」 は ブラジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名機 PE!

こちらはアリア・プロII の 「PE-600」。 名機 PEシリーズの最初期モデルだ! グレコにトーカイ、フェルナンデス、そして「アリア・プロII」。 国産ギター四天王とも呼べる4大ブランド! 本物のフェンダー、ギブソンなんて夢のまた夢過ぎて関係無し。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グレコ SVシリーズ

こちらはグレコのセミアコ 「SV800」 です! 1978年~79年頃にしか出荷されなかったレア・モデルです。 国産ブランドでは親しみ深いグレコのセミアコと言えば 「SAシリーズ」。 「S(セミ)A(アコ)」 ですから何とも分かりやすい。 しかし、今回のセミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そびえ立つ高峰

こちらはタカミネのエレアコ 「LTD99」。 1999年に100本限定で出荷されたモデルです。 やはりレギュラー・モデルでは無く、 特別なモデルだけに非常に細かい細工が施されています。 そういった繊細さに日本製らしさを感じたりします。 発売価格は20万円の高級…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パワー・スポット

こちらはトーカイのテレキャスター・モデル 「TE-50BB」。 まだ初期ロゴの81年製です。 トーカイはエレキギターの世界に参入した国産ブランドとしては 少し遅れて始まったのですが、 それはそれは素晴らしいものを製作していました。 エレキギターのジャパン・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハード・パンチャー

こちらはトーカイのプレシジョン・ベース 「PB-48」 。 1981年に製作されたハード・パンチャーです。 レス・ポール・リボーンをはじめ、今になってから世界的に注目される 「トーカイ」。 ボクたち、かつてのギター・キッズにとっては フェンダーとかギブソンと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通信販売

こちらはトムソンのバイオリンベース VB-600 です。 1977年~78年頃に発売されていました。 トムソンは「ビバ」という楽器の通信販売の会社のオリジナル・ブランドです。 雑誌の裏表紙にズラリと並ぶトムソンのエレキギターの写真に 釘付けになっていたギター・キ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12弦

こちらはカスガの12弦ギター 「SW-15」 です。 1969年に製作されたモデルです。 12弦ギターはそれほどたくさんは入荷しませんが、時々やって来ます。 12弦ギターは普通の6弦にそれぞれ細い副弦が付いているギターです。 エフェクターのコーラスをかけてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エル・マヤ

こちらはエル・マヤのジャズ・ベース・モデルです。 おそらく70年代後期のモデルだと思います。 「El Maya (エル・マヤ)」 はロッコーマンという会社が 1978年頃に出していたブランドです。 関西にお住まいの方はピンと来ると思いますが、 「ロッコーマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初心者用ギター

こちらはモーリスの 「MD-505」 です。 1984年頃に製作されたドレッドノート・スタイルです。 当時の発売価格が2万円のこのモデル。 どこにでもあるような普通のアコギと言えばその通りですので、 特に珍しくも無いのですが、 ライトニンではこういったアコギを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JIS規格

こちらはヤマハのダイナミック・ギター 「No,10」。 1963年頃の鉄弦ギターです。 ダイナミック・ギターは、日本のアコースティック・ギターが 現代に普通に見ている姿になる前のギターです。 ヤマハでもダイナミック・ギターが終了して FG(フォーク・ギター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マクソン・ピックアップ

こちらはグレコの ES-175 モデル。 サンバーストで \55,000 で発売された 「S55」 です。 この「S55」のヘッドロゴはグネコなので、1975年頃までのモデルです。 このS55ちょっと珍しいです。 というのもトップ材に柾目のスプルースが使われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピンクちゃん

こちらはバーニーのレス・ポール・スタンダード。 かわいいピンク色のモデルです。 レス・ポールはテレキャスターと同じ1952年にデビューしたモデルです。 文字通り 「レス・ポールさん」 が開発したモデルです。 1940年代まではエレキギターの世界はまだFホール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more