テーマ:ベース

SG Standard

こちらは Gibson SG Standard です。 大きなピックガードの後期仕様のモデル。 レス・ポールに比べるとどうも人気が今ひとつな  SG。 しかしながら 「SG」 はレス・ポールの改良型として生まれた 言わば レス・ポール(改)です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甦れリッケンバッカー

こちらはリッケンバッカーのベース 「4003」 です。 他ブランドには無い独特のスタイルです。 若い頃はよく活躍してきたようですが、現在は隠居の身。 かなりくたびれてしまっている様子です。 今回はこれを完全オーバーホールして現役復帰させます。 ちゃんとセッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

'62 フレットレス

こちらはフェンダー・ジャパンの62年ジャズ・ベース JB62-58。 フレットレス加工がしてあります。 サンバーストのジャズ・ベースでフレットレスと言えば、 言わずと知れた  ジャコ・パストリアス。 ウェザー・リポートでも大活躍したジャコ・パスは ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無いなら作れば・・・!

こちらは出所不明の国産5弦ジャズ・ベースです。 2000年代に入ってから製作されたものと思われます。 よし、新しいベースのセットアップに着手しよう。 そう言えば、こんなのが来ていたな・・・。 と引っ張り出してきた茶色い5弦のジャズ・ベース。 ヘッドスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネックの整形外科治療

こちらはグレコのバイオリンベース。 1974年頃の VB-360 です。 これはネックが根元からポッキリ折れているのではありません。 本家ドイツのヘフナーのバイオリンベースならあり得ませんが、 この70年代当時のグレコはまだボルト・オン仕様でした。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グレッチ家物語

こちらは Gretsch の G6119B Broadkaster。 数少ないグレッチのベースです。  グレッチのベースなんてかなり珍しいんじゃないか? と思われる方も多いかもしれませんが、 グレッチはギターだけのメーカーではありません。 グレッチも1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グラバー

こちらは Gibson GrabberIII 1976年です。 ギブソンらしからぬ面白い仕様のベースです。 この 「グラバー」 というモデルはあまり知られていませんが、 「リッパー」 の弟みたいな存在で、ボディはリッパーと同じシェイプをしています。  なるほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダブル・ネック

こちらは 1995年製、Orville の SGD-160。 6弦と12弦のダブル・ネック仕様。 この SG をダブル・ネックにしたスタイルを見て誰もが思い出すのが、  天国への階段 の ジミー・ペイジ。  ホテル・カリフォルニア の ドン・フェルダー。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フレットレス

こちらは Ibanez MC-940 1985年です。 なかなか珍しいフレットレス仕様です。 「Ibanez」 と言えば80年代に一世を風靡した ハードロック・ブームを最も支えたブランドかもしれません。 ヘッドの先が尖がっていて トレモロをガンガン使っても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カール・ヘフナー & スパイダース

こちらはグレコのバイオリンベース VB500。 スーパーリアル期の1980年製。 バイオリン・ベースで思い出されるのは ほぼ100%ビートルズのポール・マッカトニーですね。 バイオリン・ベースの元祖はドイツの楽器メーカー 「Karl Hofner (カー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CBS期のジャズ・ベース

こちらは1975年製 Fender Jazz Bass です。 ブロック・ポジション・マークが特徴のCBS期モデル。 エレキ・ベースとして非常に完成度が高い 「ジャズ・ベース」。 今でもこのスタイルに勝るものは無いのではないか。 と私は思っていますが、 196…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音のこだわり

こちらはスクワイヤーのミュージックマスター・ベース。 ショート・スケールのかわいいモデルです。 ストラトキャスターたちの弟分に当たるスチューデント・モデルの歴史の中でも ミュージックマスターはデュオソニックと並び古株です。 スチューデント・モデルにはムスタン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栄光の80年代

こちらはリッケンバッカーのベース 「4001」。 1980年代のデザイン・センスが独特です。 リッケンバッカーと言えば やはりビートルズのメンバーがこぞって愛用したことで有名ですので リバプール・サウンドのイメージが強いですね。 ジョン・レノンは超小型の …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハード・パンチャー

こちらはトーカイのプレシジョン・ベース 「PB-48」 。 1981年に製作されたハード・パンチャーです。 レス・ポール・リボーンをはじめ、今になってから世界的に注目される 「トーカイ」。 ボクたち、かつてのギター・キッズにとっては フェンダーとかギブソンと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通信販売

こちらはトムソンのバイオリンベース VB-600 です。 1977年~78年頃に発売されていました。 トムソンは「ビバ」という楽器の通信販売の会社のオリジナル・ブランドです。 雑誌の裏表紙にズラリと並ぶトムソンのエレキギターの写真に 釘付けになっていたギター・キ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エル・マヤ

こちらはエル・マヤのジャズ・ベース・モデルです。 おそらく70年代後期のモデルだと思います。 「El Maya (エル・マヤ)」 はロッコーマンという会社が 1978年頃に出していたブランドです。 関西にお住まいの方はピンと来ると思いますが、 「ロッコーマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽器製作のポリシー

こちらはムーンのプレシジョン・ベースです。 ムーンと言えばジャズベ・スタイルのJJが有名ですので ちょっと珍しいです。 ムーンはシェクターからの流れを持つハイエンド・ブランドで、 1982年6月にスタートしたブランドです。 ということはフェンダー・ジャパン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビッグ・ビジネス

こちらはフェンダー・ジャパンの70年スタイルのプレベ。 トラロゴに黒ピックガード仕様です。 11/8 Fender Japan PB70-700 1984年~87年頃     デビューしました! 私は高校2年生のときにベースを始めたのが音楽への道の最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミニ・スイッチ

こちらはアリア・プロ II の 「TSB-550」。 80年代に活躍したアリアの独自モデルの1つです。 Aria Pro II はフェンダー・ジャパンが登場する1982年より前。 グレコやトーカイなど他の国産ブランドより先に フェンダー、ギブソンのコピー・モデル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Pignose

こちらはピッグノーズのベース 「PGB-200」。 アンプ内臓でちょっとどこかへ連れて行くのには持って来いです。 「Pignose」 と言えば名前通りブタの鼻のノブが付いたアンプが有名な アメリカのブランドですが、1973年にスタートしたそうで、 もう37年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グネコ

こちらはグレコのジャズ・ベース 「JB600N」。 1974年~75年にマツモク工業で製作されたモデルです。 メイプル指板にブラック・バインディング&ブラック・ブロック・ポジション仕様。 フェンダー本家ではこのスタイルは1972年頃~75年頃までしかない仕様ですが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VW AUTUMN 2010

こちらは Fender Japan のプレシジョンベース。 ヴィンテージ・ホワイトの62年モデル。 どこにでもあるような顔をしていますが、 こういうのがバシっとセットアップしてやれば とても良いベースになったりします。 仕上がりが楽しみです。 今日中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Fender USA '62Jazz Bass

フェンダー 62年ジャズ・ベースがようやく仕上がりました。 大満足の仕上がり・・・! 1960年代初期のジャズ・ベースは リア・ピックアップからブリッジにかけてブラス板で弦アースが取られていました。 フェンダー・ジャパンの62年モデルもそうなっています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Fender Jazz Bass

フェンダーのジャズ・ベースってやっぱりスゴいと思います。 プレベもスゴいですが、ジャズベはもっとスゴいかも。 フェンダーのジャズ・ベースはプレシジョン・ベースの改良版として 1960年にデビューしました。 今年は2010年だから、ちょうど60年・・・。 今だにジャズ・ベースのスタイルはベース界ではやはり基本だし、 使いや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Musicman Stinray

今日もミュージックマンのスティングレイに着手。 ピックガードを装着していない姿はまるでG&Lのモデルに見える。 どちらもフェンダー社を創設したレオ・フェンダー氏が残した素晴らしいブランドだ。 永く使われていなかったようでなかなかくたびれていたが、 ほぼ3日がかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more